デリケートゾーンの色素沈着対策と予防方法をたっぷり9個紹介!

色素沈着 対策 色素沈着

デリケートゾーンの色素沈着は自宅で改善を目指すことができます。

デリケートゾーンの色素沈着対策と、予防方法をまとめて10個ご紹介します!

対策1.デリケートゾーンは専用石鹸で洗う

デリケートゾーンの色素沈着やにおいケアに役立つ専用の石けんがあります。

デリケートゾーンの専用石鹸は、臭いには効果を感じた口コミは多いですが、泡に入っている有効成分はすぐに洗い流してしまうため色素沈着には効果を感じにくく、専用クリームより作用が弱くなってしまいます。

対策2.蒸れないコットン素材のナプキンを使う

デリケートゾーン ナプキン

女性は必ず生理期間があり、その時に使うナプキンはデリケートゾーンへの刺激の元です。また、蒸れることから清潔性を保つのが難しくなります。

様々な種類のナプキンがありますが、コットンで作られているものを選んでください。
布ナプキンも蒸れにくく、刺激になりにくいため好んで使う女性が増えています。

対策3.刺激のない肌着(ショーツ)を使う

毎日使う肌着(ショーツ・ガードル)は、デリケートゾーンの刺激の元になります。
刺激があることで、メラミン色素が活発になり色素沈着しやすいです。

ショーツは、絹やコットンのものを選ぶとより刺激が少ないです。

対策4.VIOラインのアンダーヘアの処理をする

デリケートゾーン 色素沈着

VIOラインのムダ毛処理は多くの女性が行っていますが、カミソリでの処理はデリケートゾーンを傷める原因となります。
専用のはさみなどで短くカットして清潔を保つのが良いですよ!

対策5.クリニック処方の医薬品を塗る

クリニック処方 デリケートゾーン

クリニックで色素沈着の相談をすると、ハイドロキノンやトレチノインなどの成分のハイったクリームが処方されることが多いです。
クリニック処方なので、高額になりやすいという事と、効果の出やすいハイドロキノンなどは刺激が強いのでデリケートゾーンには使いにくいです。

対策6.レーザー治療で処置

色素沈着に対するレーザーは、VラインやIラインに特定周波数の光を当てることで、黒ずんでいる色素沈着を改善する方法です。
色素沈着に対して効果が高いといわれていますが、コストが高く痛みも伴います。

対策7.市販の美白商品

薬局や量販店などで、美白*有効成分の使われている化粧水、美容液、パックなどが販売されています。
ほとんどの商品は顔やボディに使うことが前提となっていて、デリケートゾーンに使うために開発されていません。

デリケートゾーンは皮膚が薄く、刺激にも弱いため、顔やボディ前提の市販品を使うことは推奨できません。

*メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

対策8.デリケートゾーンを保湿する

保湿することで、肌のターンオーバーを促す事が出来、それはデリケートゾーンに関しても同様です。

乾燥を防ぎ、バリア機能を保つという意味で保湿は大変重要です。
しかし、保湿成分と、美白*成分は異なっているため、美白にはつながりません。

対策9.デリケートゾーンの黒ずみクリームを塗る

デリケートゾーンの色素沈着専用クリームがあります。

これは刺激に弱いデリケートゾーンでも使えるような美白*有効成分と保湿成分が同時に配合されているものです。

自宅で使うことが出来、継続的なセルフケアが可能となっています。

 

 

コメント