湘南美容外科でVIO脱毛したあとの色素沈着はどうなる!?医療レーザー脱毛の結果を考察

湘南美容外科 VIO 色素沈着 医療用レーザー脱毛

湘南美容クリニックでは、脱毛専用の機器を3種類保有しています。

脱毛場所や肌質、毛質、形状などから最適な機器を使い分けて施術してくれます。
湘南美容クリニックで使われている医療レーザー脱毛は、日本人の肌の色にあっているといわれていますが、VIO脱毛後のビキニラインは色素沈着が起こりやすくなります。

ビキニライン(VIO)の脱毛で発生する色素沈着は、専用のクリームなどを使ってケアしないと自然に美白されることは少ないのです。

 

 

VIO脱毛で色素沈着が起こる理由

一見しては分からないですが、VIO脱毛の後に肌にはダメージが残っています。

脱毛用の医療レーザーは黒色メラニンに光を吸収させて毛と毛穴に熱を与えるというシステムだからです。

黒色メラニンは毛にも含まれていますが、肌にも存在しているので、肌にも熱が発生してしまっています。結果的に、毛と毛根だけでなく、肌にもダメージが出てしまいます。

 

まとめると

脱毛の熱ダメージ=刺激=メラミン色素の発生=色素沈着

という流れが出来てしまいます。
VIO脱毛後は特に、肌にダメージがある状態なので色素沈着が起こりやすくなっている可能性があります。

VIO脱毛後の色素沈着を防ぐには

  • 最も大切なのは紫外線対策をすること
  • ショーツなどと擦れる刺激を極力排除すること
  • 積極的な色素沈着ケアをすること

 

ビキニラインには紫外線が当たることはあまり考えにくいですね。
ショーツは絹や綿などの自然素材を選ぶのが良いですね。

積極的な色素沈着ケアには、ビキニラインの専用クリームがピッタリです。
色素沈着ケアだけでなく、保湿成分も重視されているクリームを使うことでVIO脱毛のダメージからいち早く立ち直ることが出来ます。

 

積極的な色素沈着ケアをするには

必要なのは美白*有効成分+保湿成分です。

美白「*:メラニンの生成を抑え、日焼けによるしみ、そばかすを防ぐ」

ビキニラインの色素沈着ケアに特に有効なのは、厚生労働省の美白*成分としても認可されているトラネキサム酸です。
トラネキサム酸は皮膚が薄く刺激にも弱いビキニラインでも使うことの出来る有効成分で、実感力も伴う成分です。

≫トラネキサム酸を含むビキニラインの色素沈着ケアクリームはこちら!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました