夏は水着!下着のこすれで出来る股関節黒ずみの原因と対策

水着 股関節 黒ずみ Vライン

股関節部分に黒ずみが出来ている場合は、ショーツのゴムなどでこすれることによって黒ずみが出来ていると考えられます。
股関節の黒ずみは水着を着ていると目立ってしまいます。

赤みや痒みは炎症と乾燥で黒ずみにつながる症状です。

黒ずみが出来てしまった場合は、黒ずみ専用のケアクリームなどを使って美白*有効成分を浸透させることで薄くする必要があります。

 

ショーツのこすれで出来た黒ずみの原因は?

下着のひもなどの部分が当たっている場所が黒ずんでいるばあ、その原因は肌へのこすれ、肌への刺激です。

股関節部分は皮膚が薄く、刺激にとても弱い部分です。
刺激を受けることで、防御しようとしてメラミン色素が増加します。

これをバリア機能と言います。

メラニン色素を増やすことで肌を刺激から守ろうとするのがバリア機能です。
股関節の黒ずみも同じようにメラミンが原因です。

メラミン色素を増やすなんて、ありがたくない防御機能ですがそれによってデリケートな部分は守られているんですね!

 

ショーツのこすれで出来た黒ずみの対策は?

水着を着るタイミングまでに、黒ずみ対策を進めたいですね!

黒ずみを作りにくい下着の素材

天然素材で作られている下着が望ましいです。
綿や絹などがそれにあたり、化繊で作られている下着よりも刺激が少ないです。

黒ずみを作りにくい下着の形

同じ形のショーツを履き続ければ、同じ場所がずっと擦れています。
下着の中でもショーツは24時間身に着けている特殊なものです。

違う形のショーツをローテーションすることで、刺激を分散することが可能です。

黒ずみを作りにくい下着の構造

肌を圧迫しない構造が大切です。
ノンワイヤーのもの、縫い目のないものなど、肌への刺激は極力避けます。

ゴムが擦れる原因となりやすいので、鼠径部にはゴムを使ってないものがピッタリです。
スパッツ型なども併用して、鼠径部への刺激が無いように工夫します。

黒ずみを作りにくい下着のサイズ

きつい下着は刺激につながり、こすれの原因です。
リラックスできるけど、肌に密着しているサイズのものを選びます。

【まとめ】股関節の黒ずみにはこうする!

刺激が黒ずみを濃くしていきます。

新しい黒ずみを作らないために刺激は極力減らすべき!

そして、
黒ずみを薄くするには、保湿+美白有効成分が必要です。

 

刺激が少なくなったとしても、出来てしまった黒ずみは薄くなりません。

薄くするには保湿+美白成分が必要となります。

そんな時は黒ずみケア専用のクリームを使って、股関節の黒ずみをケアしてください。
水着を着るタイミングまでに、納得する結果を出すには今すぐ始める必要があります。

 

下着による擦れを防ぐことで水着をきれいに着ることが出来ます!

 

 

 

コメント

  1. […] ≫色素沈着を軽くする下着の選び方 […]

タイトルとURLをコピーしました