デリケートゾーンの色の理想と平均レベルから色素沈着を薄くする方法を考える

デリケートゾーン 色 平均的なデリケートゾーンの色

一般的にデリケートゾーンの色はどんな色をしているのでしょうか?
乳首の色だったら、スパや温泉に行ったときに見ることが出来ますが、デリケートゾーンは見ることがありません。

 

日本人のデリケートゾーンの色はどんな色?

日本人の理想の色:太ももの肌の色=デリケートゾーンの色

これは理想です。

同じ日本人でも、生まれつきの肌の色には色黒の人、色白の人など個人差があります。
(デリケートゾーンは、ビキニライン、小陰唇、大陰唇などの場所の総称)

デリケートゾーンは、身体の中でも皮膚が薄い部分であるためメラニン色素の活動が盛んな部分で、色素沈着が起こりやすい場所です。
ショーツとも擦れやすい部分です。

 

肌色、茶色、こげ茶色、レーズン色、コーヒー牛乳色など様々です。

デリケートゾーンの色素沈着をチェック!

自分のデリケートゾーンの色素沈着をチェックする場合、太ももとデリケートゾーンの色を比較します。

特に太ももの内側は皮膚も薄く、弾力も似通っています。

色を比較して、太ももの内側よりも色が濃い、茶色い、黒い場合は色素沈着を起こしています。

デリケートゾーンは色素沈着を起こしやすい場所です。
気を付けてケアを続けていないと、黒くなりやすいのです。

デリケートゾーンの色素沈着は他人と比較しない

デリケートゾーンの色素沈着は個人差があり、比較することは出来ません。

理想は、太ももの内側と同じくらい白いはずなのです。
しかし、色素沈着しやすいデリケートゾーンは様々な要因にて黒ずみを引き起こします。

 

  • 圧迫する下着
  • 生理の蒸れ
  • 生理ナプキンの刺激
  • カミソリ脱毛器などの刺激

 

デリケートゾーンの色を他人と比べて悩まないこと!

デリケートゾーンの色をカラーチャートで見ると、この様になります。

デリケートゾーン色

 

このくらいの色の開きが個人個人であるということです。
クリームなどでケアをすることで、太ももの内側の色を目指すことは出来ます。

 

もっと色素沈着を薄くして、ケアしたい場合は厚生労働省の認可成分である美白有効成分の入っているデリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームを使うのが近道です。

 

≫デリケートゾーンの色素沈着ケアクリーム

 

コメント