デリケートゾーンの色素沈着を薄くするには重曹では無理!

重曹 VIO 黒ずみ Iライン

重曹は弱アルカリ性。
肌は弱酸性。

肌は弱酸性なのを考えると、弱酸性というのは少しの刺激性を持っている性質です。
それによって、肌の古い角質などを落とすことが出来るのです。

肌が常時アルカリ性に傾くのは、肌にとって良いことはあまりないのですが、ピーリングという意味合いで考えると重曹の弱アルカリ性はピッタリなのです。

しかし!
重曹にはピーリングすることは出来ても、黒ずみを薄くすることは出来ません。

なぜなら、黒ずみを薄くするために必要な保湿成分と美白成分が入っていないからです。

本気でVIOの色素沈着をケアしたいなら、デリケートゾーンの専用黒ずみクリームです。

 

 

重曹はとっても安全

重曹の別名はベーキングパウダー
スポンジケーキなどを作るときに使うフワッと膨らませるためのシーズニングです。

さらに、入浴剤にも使われます。
弱アルカリ性の重曹、酸性のクエン酸、さらに保湿用のアロマオイルなどを混ぜて発泡性の入浴剤は作られています。

精製の度合いにもよりますが、食べてもOK、身体に触れてもOKな成分なのです。

重曹のピーリング効果とは

重曹には肌のピーリング効果があるため、

摩擦に起因するVIO(デリケートゾーン)の黒ずみ・色素沈着
にも間接的なアプローチが可能です。

重曹の入っている入浴剤を毎日使うのは、古い角質を溜めないという点において有効です。

 

重曹をデリケートゾーン(VIO)の黒ずみに直接使うのはおススメできません。

重曹をデリケートゾーンの黒ずみケアにすすめられない

デリケートゾーンの黒ずみケアに重曹がすすめられないのには2つの理由があります。

  1. 重曹には美白有効成分が入ってない!
  2. 重曹には保湿成分が入ってない!
  3. 重曹をスクラブとして使うには刺激が強すぎる!

 

この2つです。
デリケートゾーンの黒ずみケアに必要なのは、美白成分+保湿成分

重曹は不要な角質ケアには役立ちますが、黒ずみの改善することは難しいのです。

重曹には美白有効成分が入ってない

デリケートゾーンの黒ずみケアには、厚生労働省が認定している美白有効成分が入っているのが望ましいです。

残念ながら重曹には入っていません。

重曹には保湿成分が入ってない

デリケートゾーンの黒ずみケアには保湿が重要です。
乾燥してしまうと、肌のターンオーバーが乱れることでメラミン色素の排出が出来なくなってしまうからです。

重曹は入浴剤に使われていますが、その際もクエン酸、アロマオイルなどの保湿成分と一緒に使われています。

重曹をスクラブとして使うには刺激が強すぎる!

よりピーリングするために、スクラブとして使ってはどうでしょうか?

スクラブしても、肌の内部の黒ずみは薄くなりません。
反対に、皮膚表面に刺激となってより黒ずみが悪化する可能性すらあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみケアに必要なものは2つ

保湿成分+美白*有効成分

スクラブやピーリングでは黒ずみは薄くなりません。
デリケートゾーンの黒ずみケアには、VIO専用黒ずみケアクリームを使ってください。

 

 

コメント